MONT-PERAT.COM

歯の矯正は大人になってすると大変なんです

自分の歯並びというのは歯磨きの時などに目にしますから、どうしても気になってしまうものですよね。しかし、大人になってからこの歯並びを矯正しようとすると結構大変なことなんです。



子供の頃と比べて大人の歯というのは確実に根がはってしまっていますから、矯正器具をつけてもなかなか歯が正しい位置に戻ってくれませんし、矯正器具で歯を異動させると他の歯を歪ませてしまうことがあるため、他の歯が歪まないようなスペースを作るために抜歯を行わなければならない場合もあります。虫歯や親知らずなど、不健康であったり使うことの無い歯を抜くのであれば納得は行きますけど、健康な歯を抜くというのは割と抵抗があるのではないでしょうか。そう考えると、大人になって行う歯の矯正はとても大変だと分かりますよね。

機能性セラミック商品事業部 | NIKKO

それに、大人になってから矯正器具を付けると、どうしても人の目についてしまい、話のタネにされてしまうこともしばしばあるでしょう。そのようなことも気にしなければなりませんので、精神的にも負担がかかってしまいます。また、子供の頃に強制をするのと比べ矯正の内容が複雑になったり、矯正を行う期間が長くなってしまうことから、お金も子供の矯正費用と比べて数十万円も多く支払わなければならないというデメリットもあります。経済的に余裕のある大人であったとしても、費用の負担が多くなってしまうのは厳しいでしょう。

ごまめの歯ぎしり - 故事ことわざ辞典

しかし、大人になってから矯正を行うことは自分の見た目を整えるためにも十分大切なことであると言えます。ですから、大人になってからの矯正はたとえこのような大変な状況があるとしても、それを乗り越えてでもしっかりと行っておくべきでしょう。